無料
エロ
動画

言葉責め講座

黙ったままのSEXは味気ない…。 言葉責めを学んで、より良いSEXライフを!

なぜ、女性は言葉責めを求めるのか?

これはもう、言葉責めが好きな女性に聞いてみるしかありません。
実際に、M属性の強い女性に聞いてみました。

その答えは…

「だって、気持ちいいんだもん。」

はい、問題は解決しました!

…とはいかないですよね、やっぱり。

ある意味予想通りの答えなのですが、このような答えになってしまうのは、
言葉責めが好きな女性自身が、その理由を論理的に理解出来ていないのが
原因だと思われます。

「気持ちいいから」というのは、あくまで最終的な事象であって、
なぜ気持ちよくなるのかを分析しないと、その理由はわからなさそうです。

さて、「言葉責め」と「気持ちいい」の間には、いったい何があるんでしょうか?

「言葉責め」と「気持ちいい」の間

「言葉責め」と「気持ちいい」の間には、何があるのでしょうか?

実は、この間にはいくつもの負の感情が入ります。
それは言葉責めの内容によって異なるのですが、大体、以下のものでしょう。

「屈辱」、「悲哀」、「羞恥」…

酷いことを言われて悔しかったり、悲しかったり、
また、恥ずかしい言葉を言わされて、とてつもなく恥ずかしかったり…

ですが、これらの感情は負のものであり、「気持ちいい」には
程遠い感情のように思われます。

どうやら、まだこの先に何かありそうですね…。

「言葉責め」 → 「屈辱」「悲哀」「羞恥」 → 「?」 → 「気持ちいい」

負の感情の先には…

では、負の感情の先には何があるのでしょうか?

誰かが悔しがっていたり、悲しんでいたり、又は恥ずかしい目に合わされて
いた場合、貴方はどのように感じますか?

そう、「可哀相」です。

実は、自分が言葉責めをされる事によって、女性は自分の事を可哀想と
感じています。

「言葉責め」 → 「屈辱」「悲哀」「羞恥」 → 「可哀相」

言葉責めされている女性は、虐められて酷い目にあっている自分が、
可哀相でたまらなく感じているのです。

この感情は、酷い言葉で罵られたりすると、より強くなる傾向があります。

さあ、次はいよいよ確信に迫ります。

「可哀想」の次にくるのは、いったい何でしょうか?

【衝撃映像】 女をメス豚と呼ぶ鬼畜超ハード映像
泣こうが叫ぼうが、全くおかまいなしに女をいたぶり責め犯し続ける鬼畜どもによる鬼畜なサイト・・・。
SM、強姦、レイプ、スカトロなどアブノーマル度150%の映像しか見せません!
メス豚2、リニューアルして更に過激度アップ↑↑
↓鬼畜超ハード映像↓
鬼畜映像1】 【鬼畜映像2】 【鬼畜映像3

可哀想の先にあるもの

貴方の目の前に、雨でずぶ濡れになって震えている子犬がいます。
よく見ると、痩せ細っていてお腹も減っているみたいです。

とっても、可哀相です。

優しい貴方は、駆け寄って可哀相な子犬を抱きしめてあげるかもしれませんね。
抱きかかられた子犬は、寒くて細かく震えています。

さあ、貴方はこの可哀想な子犬を見て、どう感じますか?

多分、こう感じるはずです。

「愛しい」と。

可哀相な子犬を抱きしめて、胸がぎゅっと締め付けられるような、
ちょっと切ない感覚。それが、"愛しさ"です。

これを言葉責めをされた自分に当てはめると、どうなるでしょう?

そうです、自分自身をとても愛しいと感じるのです。
酷い言葉を浴びせられ、虐められている自分が可哀相でしかたがありません。
そんな苦しみに耐える自分を、とてつもなく愛しく感じます。

そして、その愛しさからくるぎゅっと締め付けられるような切ない感覚が、
快感として感じられるのです。

何かが足りない…

言葉責めによる感情の遷移をまとめると、以下のようになります。

「言葉責め」 → 「屈辱」「悲哀」「羞恥」 → 「可哀相」 → 「愛しい」

さあ、貴方はこれを見てどう思いますか?

なるほどね〜と思う反面、何かが足りないと感じるのではないでしょうか?
確かに言葉責めによって胸がぎゅっとなる感じはあるけども、純粋に愛しさを
感じた時とは、少し違う感じがする…。

何かが足りない…。
そう、足りないのです。

それは、何でしょうか?

それは…。


「背徳感」です。

ルールから外れた、本来ならありえないシチュエーション…。
人前で痴態を晒し、卑猥な言葉を浴びせられる、可哀相な自分…。

この「背徳感」が「愛しさ」に加わる事により、快感の色合いが変化します。

胸がぎゅっと締め付けられるような切ない感覚と共に、肌を這うような、
ゾクゾクした感覚…。これが、「被虐の快感」なのです。

まとめると、以下のようになりますね。

「言葉責め」→「屈辱」「悲哀」「羞恥」→「可哀相」→「愛しい」+「背徳感」→「被虐の快感」

close