無料
エロ
動画

言葉責め講座

黙ったままのSEXは味気ない…。 言葉責めを学んで、より良いSEXライフを!

言葉責めの種類(その2)

<その2>
"叱る"

これは、大声で怒鳴るというものではありません。
男性は理性を働かせ、優しく叱ってあげましょう。
ちょっと呆れる感じで言うと、女性の被虐感が高まります。
  
例)「もう、こんなに濡らしたんだ?いやらしい女だな…。」
  
  「あ〜あ、もうびしゃびしゃだな…。見てるこっちが恥ずかしいよ…。」

【衝撃映像】 女をメス豚と呼ぶ鬼畜超ハード映像
泣こうが叫ぼうが、全くおかまいなしに女をいたぶり責め犯し続ける鬼畜どもによる鬼畜なサイト・・・。
SM、強姦、レイプ、スカトロなどアブノーマル度150%の映像しか見せません!
メス豚2、リニューアルして更に過激度アップ↑↑
↓鬼畜超ハード映像↓
鬼畜映像1】 【鬼畜映像2】 【鬼畜映像3

言葉責めの種類(その3)

<その3>
"恫喝"

恫喝とは、相手をおどし、恐れさせる事を意味します。

これは、女性によっては少し怖いと感じるかもしれませんが、
恐怖は本能的な感情を呼び起こします。
女性が引かない程度に使いましょう。

例)「お前の事、性欲処理の奴隷として使ってやるからな…。」

  「お前を、俺の肉便器にしてやる…。」

※恫喝はM属性が低い女性に使うと、引かれる可能性があります。
 属性を見極めた上で使うようにしましょう。

言葉責めの種類(その4)

<その4>
"命令"

これも、言葉責めとしてはポピュラーですね。
どんな格好をさせるのか言う時に、使われる事が多いです。
低い声で、命令口調で言うとよいでしょう。

例)「ほら、もっと足を開いて見せてみろ。」
  
  「ケツを突き出して、背中を反らせろ。」

いつまでも、「〜して」「〜してみて」など優しい言葉で言うのではなく、
慣れてきたら上記のような命令口調で言うようにしましょう。
M属性が少しでもある女性ならば、少し強く言われた方が良い場合が多いです。

言葉責めの種類(その5)

<その5>
"返事をさせる"

言葉責めと言うと、基本的には男性が女性に対して言うものですが、
コミュニケーションとは、双方向のやり取りにより初めて成り立ちます。
男性の呼びかけに対して、女性は返事をする必要があります。

男性は、女性が比較的答えやすい事から言わせてあげるようにしましょう。
例えば言葉責めに慣れていない女性に対して、「何して欲しい?」
「どうして欲しい?」など、What? や How? の問いかけをしても、
女性は答えにくいです。最初は、YESで答えられるものにしてあげましょう。
  
例)「もう、我慢できないよね?入れようか?」
  
  「ほら、ここ…。奥まで欲しい?」

他にも恥ずかしい名称をいわせてみたり、慣れてくれば今の状態を説明させたり、
して欲しい事を自分から言わせる事も出来るようになるでしょう。
このあたりにつては、「言葉責め実戦編」を参照してください。

【衝撃映像】 女をメス豚と呼ぶ鬼畜超ハード映像
泣こうが叫ぼうが、全くおかまいなしに女をいたぶり責め犯し続ける鬼畜どもによる鬼畜なサイト・・・。
SM、強姦、レイプ、スカトロなどアブノーマル度150%の映像しか見せません!
メス豚2、リニューアルして更に過激度アップ↑↑
↓鬼畜超ハード映像↓
鬼畜映像1】 【鬼畜映像2】 【鬼畜映像3

相手を見る

以外と思われるかも知れませんが、言葉責めをするにあたって、
相手を見るということは重要です。

実はこれは、言葉責めに限った話ではありません。
実社会においても、観察するという事は重要です。

女性をよく観察する事により、次の言葉を選びましょう。

貴方の言葉に頬や耳を赤くしていれば、恥ずかしいと感じているはずです。
また、唇を細かく震わせていれば、屈辱的で惨めな思いをしているかもしれません。
相手がどの言葉にどのような反応するのかを見極め、効果的に言葉責めをしましょう。

close